海外に進学するということ

スポンサーリンク

今まで海外に行くか迷っていました

私は海外が好きなので

やっぱり海外に行きたいという気持ちと

病気が治ったとはいえ

大丈夫なのかという思いがあって

行くのを悩んでいました

でも

海外のことを調べると

海外では医療系の地位は

そんなに高くありません

給料も正直安いです

スウェーデンの

医者の年収は200万です

日本と比べると

大幅に安いです

給料が安いということは

もちろん地位も低いです

私は将来日本で働く気はありません

なのに日本の

厳しいと言われる受験に

勝ち抜いて

高い学費を払ってまで

日本の大学に行く必要性はあるのか

そう思えてきました

確かに

日本で医療職につくなら

日本の大学を出た方が

絶対有利です

そのためには厳しい受験戦争も

高い学費も耐える価値はあります

将来元が取れますからね

でも

海外で就職するなら

絶対元は取れません

だって一年間で1000万近い学費を

払っても

年収200万の暮らしでは

元を取れるはずないですからね

そんなことを考えたらアホらしくなりました

日本でもてはやされているほど

医療職は

海外では

偉い職業ではなく

普通の職業で

普通の努力と

安い学費で

なれるものです

それなのに日本の大学にこだわって

学費の面でも努力の面でも

損をするのはアホらしいです

なので

海外の大学にいこうと思います

不安はたくさんありますが

後悔はしたくないので

頑張りたいです

まだ詳しいことはわかりませんが

とりあえずそういった方針で

進むことは

スポンサーリンク

ここでお伝えしておきます

もし日本の大学に進学することを

応援してくださっている方がいたら申し訳ないです

でも私は夢のために頑張ります!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。