考え方が幼い人

スポンサーリンク

前の記事でも

書きましたが

ある変な人に

ブログ荒らしのような

コメントをもらいました

コメント迷惑しています

と何回も書きましたが

無視され

しまいには

同じ土俵に立っていると

思わないで下さい

と言われました

同じ土俵に立っていると思っていないなら

わざわざブログを見て

コメントする必要はないはずです

わたしにとってはブログを見てくれれば

PV数も上がるし

ブログ村の順位も上がるからメリットがありますが

向こうにとっては何の価値もないはずです

それなのに

執拗にコメントをしてきて

わたしがどうのこうのと言ってきます

多分自分と同じ考え方をしていないから

腹が立つのか

それか

自分の目指しているところを批判されたから

腹が立つのか分かりませんが

本来無意味なことですし

あえてコメントをする必要がありません

それなのにコメントしてくる、

それは多分考え方が幼いんではないでしょうか

とわたしは思いました

小学生は友達が自分と同じ意見じゃないと

怒ったりしますよね?

無理矢理自分と同じ意見にしようとしたり

さもなければ

イジメてしまおうと思ったり

それとその迷惑な人のコメントは似ているんではないでしょうか

人は大人になるにつれて

他人が自分と同じ意見では

ないことを受け入れて

違う意見を面白いと思ったり

します

でもその人はそれができない

つまりまだ考えが子供のまま

止まってしまっているんでしょうね

わたしの周りにはそういった人がなかなかいないので

そういう人に出会えたのはある意味面白い体験です

スポンサーリンク

今は学校にも行っておらず

働いてもいないから

考えが幼いままで

やっていけるのかも

しれませんが

社会に出てからが

見ものですよね

その幼い考えのまま

どうやってやっていくんでしょうね

考えが年相応に成長できないのは

哀れだし

かわいそうですね

そんなことを考えてしまいました

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。