カウンセリングを受ける理由

スポンサーリンク

精神科でカウンセリングを受けました

わたしは小学生の時に発症して

高校でひどくなりました

多分小学生の時に発症したときは

まだ前駆期で

高校で急性期になったんだと思います

高校時代症状がひどくて

自分でも何か自分はおかしいのではないか?と思い

学校の先生に相談しました

ですが先生は真剣に取り合ってくれず

「ストレスが原因じゃない?

ストレスがなくなれば自然と良くなるよ」と言いました

ストレスで幻聴が聞こえますか?

その先生はストレスが溜まったときに

幻聴を聞くことがあるのでしょうか?

きっと無いと思います

幻聴が聞こえる時点で病気なのに

病院に行けと教えてくれることはありませんでした

真剣な悩みに適当に返されただけでした

別の知り合いで精神疾患に詳しいと自称する人がいました

(医療関係者ではありません)

その人に相談したところ

「絶対精神病ではない。精神科に行く必要は絶対無い。」

と断言されました

自殺願望があるという相談をした時も

「自殺を人生をやり直すゲームのように考えているだけ。本気じゃない。」

と言われました

また親に

「わたしは普通の人と違う

多分何か精神的な病気があると思う

病院に連れていって欲しい」と言った時も

「物事を深く考え過ぎてしまう癖があるだけ

精神科に行く必要はない」と言われました

誰もわたしの

苦しみに理解を示してくれませんでしたし

救ってもくれませんでした

あの時病気だと

気付いていれば

大学で1人暮らしをしなかったし

初期で治療できたから

病気もひどくならずに

すんだのではという気持ちが

消えません

わたしは高校時代統合失調症でした

学校の先生だったり

自称精神病に詳しい人だったり

親だったりに

適当にあしらわれたせいで

高校時代明らかな症状があったにも関わらず

病院に通うことができませんでした

そのせいで病気はさらに酷くなり

(高校時代に気づいていれば初期の段階で治療することができたし、

また精神病を悪化させると言われる一人暮らしもしなかった)

スポンサーリンク

人生の長い期間を無駄にしました

そう思うと悔しくて悔しくてたまりません

わたしを適当にあしらって病気を酷くさせた人たちは

人生で無駄な時を過ごすことなく

幸せそうに暮らしています

それがどうしようもなく悔しくて悔しくて

その人たちが憎くて憎くてたまりません

時間が経てばこの思いも消えるかと思いましたが

一向に消えることがありません

せっかく社会復帰のために頑張っているのに

このどうしようもないモヤモヤした気持ちが消えません

だからカウンセリングに申し込みました

今回は初めてだったので

すぐに終わってしまいましたが

これからカウンセリングで

このどうしようもないモヤモヤを消していきたい

と思っています

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。