躁鬱かもしれない?

スポンサーリンク

最近

自分は躁鬱なのではないか?

と思えてきました

躁の時は楽しくてなんでもできるのに

鬱になると

起き上がることもできず寝てばっかりになります

ちなみに躁のときは

睡眠薬を飲んでも全然寝れません

鬱の時は

睡眠薬を飲まなくても

全然寝れます

よく躁鬱は

躁のときにエネルギーを使い果たすから

鬱の時にエネルギーがなくなっている

と聞きます

わたしもそんな感じ

なのかなと思います

病院で躁鬱かどうかは聞いたことは

ありませんが

もしかしたらそうなのかもしれません

なんとなく自分でそう思いました

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

躁鬱かもしれない?” に28件のコメントがあります

  1. 統合失調症は幅が広くて奥が深い病気ですから難しいな

    僕は最近一人暮らしを始めました。

    体調管理でスムージーを飲み始めたんですけど以前より体調がよくなりました。

    ミキサーがあれば自宅で簡単に調理できます。さらにバナナと豆乳をメインで作れば安いし美味しいので継続もできます。

    よかったら試してくれたらうれしいです。

    1. 人によって症状も全然違うし
      難しいですよね
      教えてくださったスムージー作ってみます
      食事療法で統合失調症は随分良くなると聞いたことがありますが
      その通りなのかもしれません
      スムージー試してみますね♪

  2. 返信できなかったのでこちらに書きますが主治医との信頼関係をよく築くために看護師目指してるとかは言った方がいいですよ
    僕は初めから色々言ってますしその上でリスクがあるという説明を受けた上で医療系を受けていますし医学部なら地元に居なさいとか主治医の方も考える余地がありますんで
    僕の主治医は医学科はあまり勧めませんが獣医と歯学部はまだ悪いとは言わないのでやっていけるということだと思います
    医学科に通われてるご親戚がどのような状態か分からないのでなんとも言えませんが僕は寛解しているので薬を飲んでる以外は普通の人という認識です
    主治医の話ですが普通の人でも大変なことはあるから医学科は勧められないとのことです
    色々主治医と話した上でリスクを覚悟で本人が決めるのがベストだと思うので是非看護学科を受けるなら主治医の説明等をよく受けた上での選択をされるのが良いかなと思います

    1. 医学部は難関なので
      医学部か歯学部か獣医学部かどれでもいい
      みたいな甘い考えでは合格するのは
      なかなか難しいと思います
      医学部に通っている親戚も
      見た目は普通の状態ですが
      それでも進級するのは厳しく
      留年を繰り返しています
      普通の人でも留年する人が多い
      学部なのに
      やっぱり精神疾患を抱えながら通うのは
      すごく大変です
      相当の覚悟がないと入学するのも
      入学してからも大変です
      名誉があるから、給料がいいから、だけの理由で
      精神疾患を抱えながら目指すのは無謀なことではないでしょうか
      わたしも医療系を目指していますが
      最悪、大学に入っても中退するかもしれないということ
      まで視野に入れて考えて悩みました
      そこまでの覚悟がなく目指すのは時間とお金の無駄です
      前に別の主治医に言ったら反対された経験があるのと
      多分今の主治医に言っても反対されるので
      主治医には言いません
      受験しようか考えていると言った時も
      健常者でも難しい受験を病人のあなたがやるのは
      もっと難しいといわれたので
      それ以上は言いません

      1. 僕の勉強に関しては問題ないことを一応言っておきますが本当に病状は人それぞれなんで自分はどうだから人もどうというのは言えないことだけは言っておきます
        あとどれでもいいというのにも理由がありますし生半可な考えでないというのは言っておきます
        主治医に言っておかないと合格した後もフォローができませんしそれこそ中退することになりかねませんよ

        1. 医学部を目指す人の中には
          歯学部を受かってもそれを蹴って浪人する人が
          沢山います
          どれでもいいというのでは
          医学部は合格しません
          意識の段階で負けています
          医学部は病気のない健康な人でも
          ついていくのが難しい学部です
          症状が軽いといっても病気がある時点で
          ついていくのは大変です
          まして薬を飲んでいる状態ならいくら
          症状が軽くても大変です
          薬を飲む姿を教授にみられたりしたら
          その時点で医者には向かないと
          退学を勧告されますよ
          そういう学部なんです
          わたしは受験自体を主治医に反対されているので
          それ以上は言うつもりはありません
          それに合格もしてないのに
          ◯◯になりたいなんていうのは
          なんか違うような気がします
          相談するなら合格後ですね

          1. 何度も言いますが病状は人それぞれです
            薬を飲んでいるから普通の人ではないというのは狭い考え方です
            あなたの苦悩も分からなくはないですが薬を飲んでいるから退学を勧告されるようなら裁判が起こってますよ
            薬を飲んでいるから大変とかいうのはあなたの状況なんでしょうけど自分も主治医も普通の人と認めていますし全ての陽性症状と陰性症状含めて全てないです
            合格点を取ると受かるのは医学部も同じです
            それだけです
            一応言っておきますが医学部合格者数全国三位以内に入る超進学校をきちんと中退せずに卒業しているので理3に現役合格したような友達もいますし国立医学部に行っていた友達も多いですから医学部受験を知らないわけではないですし釈迦に説法ですね
            ちなみに東大の友達も多いです
            稀有な治り方をしているのは確かなので理解はし難いかもしれませんがあのんさんの前に立ちはだかる壁は全部超えているという認識はあった方がいいと思います

          2. 普通の人は薬を飲んでいません
            薬を飲んでいる時点でもう普通ではないんですよ
            運転免許取る時もそうでしょう?
            普通の人は普通に取れますが
            精神疾患の薬を飲んでいる人は手続きをしなければなりません
            それだけを見ても普通ではないんですよ
            それに本当に陽性症状も陰性症状もないなら
            薬を飲む必要はないはずです
            薬を飲まないと何かしらの症状がでるから飲んでいるんでしょう
            そんな状態では医学部は厳しいのです
            わたしは親戚が医学部に行っているので詳しいですが
            医学部はただ学力があれば入れる学部ではありません
            秋田大医学部で自律神経の病気を持つ子が
            学力は達していたのに落ちました
            そういう学部なんです
            それにわたしの知り合いで同じ病気を持つ看護師が
            病気を隠して看護師になってから
            当時の教授と会って話をした時に
            もし在学中に病気をオープンにしていたら
            どうしましたか
            と教授に尋ねたら
            教授は退学させてたと言いました
            医療系とはそういうものなんです
            それに
            わたしの知り合いの歯学部生が鬱病を隠していたんですが
            学校にバレたら
            教授にいつ退学するんだ?といつも言われるようになりました
            強制退学にしたら問題になり裁判にもなるでしょうけど
            勧告だけでは問題になりません
            そうやって病気のある生徒を追い込んでやめさせるのです
            そういうところなんです
            たとえ通っていた高校が進学校でも
            意味はありません
            高校卒業して何年ですか
            何年もたつのに高校自慢するのは醜いです

  3. 医学部を知らないようなので言っておきますが留年なんて関係ないような大学だってあるんですよ
    恐らくご親戚は私立に通われているんでしょうけど多くの国公立に関して言えば周りに合わせて変なことしなければ進級できますよ
    きちんと授業に出ることが前提ですが

    1. 医学部で留年の関係がない大学なんて
      あまりありませんよ
      私大はかなり厳しいですし
      国公立でもY大とM大は進級が厳しいですよ
      それに医学部に来る人は健康なひとが多いです
      健康な人は勉強さえすればいいかもしれませんけど
      病気を抱えているならその分ハンデがあります
      多くのひとが普通に進級できているからといって
      ハンデのある人でも進級できるとは
      限りません
      厳しい社会ですよ

  4. 退学うんぬんはあなたの周りが異常なだけかあるいは妄想でしょうね
    免許も黙って取っている人もいますし僕も医者から黙って取っても良いと言われています
    それだけ良くなっているということです
    薬を飲んでいるから異常というのはあなたにも降りかかって来る偏見から言っているのでしょうけど僕は治療薬から予防薬に変わっているので少量しか飲んでいませんし症状がないから飲まなくていいという生半可な気持ちでいるのはまだ病識がないということです
    この病気は一生抱え続けるものです
    医学部受験を知らないようにいうので言っただけで特に自慢はしていません

    1. 妄想ではありません
      実際聞いた話です
      まあ信じたくないなら信じなくてもいいですが
      わたしの知り合いで完全に完治した人は
      薬を飲んでいませんでした
      薬を飲んでいるということは
      完治していなくて病気のままなのです
      たとえそれが予防薬だったとしても
      それに
      合格できるだけの学力があるなら
      今年合格しているはずです

      1. 色んな病態があるんで完全に飲まなくなる人もいればそうじゃない人もいます
        飲んでいるから治っていないとは言えないです
        主治医に聞いたら分かりますよ

        1. 治った人はやっぱり薬を飲まないし
          病院にもいきません
          病院に行って薬を飲んでる時点で
          病気は完治してないと思います

  5. あのんさんは良くなるというイメージが湧かないでしょうけど完全寛解という薬を全く飲まない状況が良くなる最終段階とは限りません
    少量の薬を飲み続けている人も多いです
    病気のことは別にあえて言わないでいいんじゃないですか
    医学科で紛糾してますが上に上げてるようなところは受けないんで特に問題はないですね
    ちなみに同期をうまく使ってM大で留年せずに卒業した人を知っています
    巷で流れている情報ぐらいは知ってますよ

    1. 薬を飲み続けるということは
      病院にも通うということで
      病院に通って薬を飲んでいたらそれは病気です
      治ったとは言いません
      わたしも症状はあまりありませんが
      病院に行って薬を飲んでいるので
      寛解したという認識はないです
      それに留年が少ない大学を選んだから
      あなたが留年しないとは限らないです
      病気がある分留年する割合は高くなります
      それに
      医学部でも歯学部でも獣医学部でもどれでもよかった医者に
      患者は見てほしいと思いますか?
      不純な動機で医者になった人に患者はみてほしい
      とは思いません
      医者には向いてないと思います

  6. “寛解したという認識”ですが医者から言われないとそもそも寛解じゃないです

    1. 医者には寛解したかどうかは聞いていないので
      寛解したと言われるかどうかはわかりませんが
      多分寛解したと言われるんじゃないでしょうか
      症状もあまりないですし

      1. 聞いてから判断してください
        恐らく聞いても寛解とは言われません
        自分で勝手に薬をやめてる時点で病識は無いです
        再入院して受験できなくなる未来がみえます

        1. 勝手に薬をやめているわけではありません
          きっちりと薬は飲んでいます
          それにわたしは入院したことはありません
          それにあなたが医者に向かない話をしているのであって
          わたしのことは関係ないはずです
          わたしのことを攻撃する前に
          自分が医者に向いているところを言ったほうがいいのでは?
          自分でも自分は医者に向くところがないと思っているから
          向くところがすぐに出ないのでは?
          話を変える前に
          自分のことを見直したほうが
          いいですね

  7. 病気が同じだからといって状態が同じと思われても困るんですけどね
    何度も言いますが病状は人それぞれです
    医者でもないあなたがいくら普通じゃないと言っても精神科の教授にも分からないくらい見た目だけじゃなくて中身まで普通なんで
    理3の医者なんて医者になろうと思って入ってなかったりしますし動機なんて関係ないですね

    1. 精神疾患なんてものは言わなければわからないものですからね
      わたしを見ても多分誰も病気だとは気づかないと思いますよ
      理3の場合は医学部に進学しない人も多いので
      医者になろうという動機がない人もいるでしょうね
      でも医学部の場合は
      動機は重要ですよ
      あなたみたいな人を落とすために
      面接がどの学校でも導入されていますからね
      何度も言いますが
      あなたが考えているより
      医学部は厳しい世界です
      不純な動機では
      運良く受かっても多分6年も通えず中退することになるでしょう
      動機がある人でも中退する人が多いのです
      まして動機が不純なのに続く訳がありません
      名誉のある仕事や給料のいい仕事は医者以外にも
      たくさんあります
      別の仕事を選ぶのがあなたのためですよ
      それに患者のためでもあります

  8. 一言言っておきますがあなたは確実に精神科の医者なら分かります
    良くなってない初期の場合雰囲気を見るだけで分かります
    主治医から大学受験の許可が出てない時点でレベルが違います
    あなたと同じではありません
    中退しているみたいなんで経歴に傷がついてそうなあなたには無理でしょうが医学科に受かる時点で治ってるということです
    そこまで勉強が出来るようになる患者さんはあまりいないだけで勉強ができれば受かるのが医学科です
    面接で落とすところはそもそも受けないんで
    看護にさえ受からないで勉強してるレベルで同じと思わないください

    1. 良くなっていないわけではありませんし
      病気の初期ではありません
      大学受験の許可が出てないわけでもなく
      大学受験はあなたには荷が思いんじゃない?といった程度です
      許可を出してくださいといえばきっとすぐに許可が出るでしょう
      高校中退ですが早稲田に入って数年過ごしているわたしと
      数年なにもしていないあなたと経歴はどっちが悪いでしょうか
      いうまでもないですね
      勉強ができるけど医者に向かない人を落とすために
      どこの大学も面接を課しているのです
      面接で落とさない大学なんて今の時代どこもないですよ
      それに今年は勉強していない科目があったので
      受験をしていないだけです
      落ちたわけではありません
      落ちたであろうあなたと一緒にしないでください

      1. 看護師だから馬鹿にしてるわけではなくて看護ぐらいだったら今年の自分でも受かってるってことですよ
        教科が足りてなくて受験さえしてないなら論外じゃないですか
        面接で落とされるのはよっぽどじゃないですかね
        あの面接ってザルですよ
        医学科は受けないと思いますが高校時代の事を聞かれるの知ってました?
        大学入ってても中退っていうのはあとにつきますし別に大学に入ってるから面接で加点されることはないですし大学のことを聞かれることはありません
        なんで中退したかも聞かれた上で秋田のように爪弾きあうのが目に見えますね
        まぁ受けないからそんなことはないんですが

        1. 医学部今年落ちているんですね
          それなのに学力が足りているみたいに書くのは間違いですよ
          それに別に論外ではないです
          勉強を始める時期が遅かったのと
          初めから受験は来年と決めていたので
          今年受けなかっただけです
          高校時代のことを聞くのは
          現役や一浪ぐらいであって
          年齢が離れている人には聞きませんよ
          だって覚えてないじゃないですか笑
          大学生くらいの年齢のひとには
          大学生活を聞く場合も多いですよ
          それに高校中退でも医学部に受かっている人はたくさんいますよ
          中退だからと爪弾きにあうことはないと思いますよ
          それに合格もしてないのに
          医学部受けるから看護なら受かるといって
          下に見るのはどうかと思いますよ
          そういうところが面接で点数がなくなっていく
          ところだと思いますが

  9. ってか人の話が入らないようなんでもう一回言っときますが病状は人それぞれです
    あなたの状態は僕の状態と違います
    そしてあなたは病識が無いんで良くなることはありません
    言わなければ分からないと思ってるかもしれませんがあなたの入る大学の精神科の教授は今の状態で入ると確実に分かると思いますよ
    舐めてはいけません
    たしか辞めるように言われるんでしたよね
    覚悟しておいてください

    1. 病識がないわけではありません
      わたしも随分良くなっていて
      気分が落ちるところ以外は健常者と変わりません
      なので病気は言わなければ絶対にばれません
      たとえそれが精神科の教授でも
      わたしはやめる覚悟も含めて
      受験をしています
      病気を抱えながら医療系を目指すのは
      それぐらいの覚悟が必要なんです
      それにわたしの成績も見ずに
      看護師だからとバカにするのはやめてください
      今はチーム医療の時代です
      看護師をバカにしている時点で医者には向きません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。