わたしがパシリになった理由

スポンサーリンク

発症のこと〜家庭環境編〜の記事です

わたしは小さい頃

あまり友達がいない子でした

今思うとそれで不便だったことはないし

特に困ったこともなかったので

1人でも大丈夫な子だったのかもしれません

事実わたしは今友達と呼べる子が

いませんが

別にそれで困っていませんし

いやでもありません

でも母は違いました

わたしに友達がいないことを

過剰に心配していました

そして

母はわたしに友達を作るための

教えを教えました

その教えは

人の言うことに絶対に

服従しなさい

というものでした

人に頼まれたことは

絶対に引き受けなさい

人とゲームをしたときは

絶対負けるようにしなさい

自分の意見は絶対言わず

相手の言うことに

必ず同意しなさい

そういう教えでした

今でこそ

この教えは

友達を作るための教えではなく

パシリになるための教えで

あったとわかりますが

当時はわかりませんでした

だから

この教えをよく実践しては

人のパシリになっていきました

人の宿題を代わりに

やるはめになったり

人の誘いを断れず

行きたくないところに

いくはめになったり、、、

そんな感じで

人になめてみられるようになり、

友達もできず

他人に利用される人間へとなっていきました

自分が母のせいで

そういう人間になったことに

気づいたのは

今からほんの一年前くらいです

それまではずっと

他人にバカにされ利用される

人間でした

家族にさえバカにされていました

今思い出しても

わたしにはまともな友達がいないし

他人に利用されてきた思い出しかない

最悪な人生でした

ほかのことは許せても

これだけは絶対母のことを

許せません

このパシリにされたことにより

自分で自分のことさえバカにしていました

自分がきらいでした

こうしてわたしの自己肯定感は

どんどん下がっていきました

ずっと人のパシリにされたことによる

ストレスが

わたしを統合失調症にしたのかもしれません

とにかく

これだけは本当に最悪な家庭環境でした

スポンサーリンク

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

わたしがパシリになった理由” に2件のコメントがあります

  1. あのんさん、こんにちは。
    そのような経緯があったのですね。服従ということでは私も同じ経験があります。私の場合、姉に服従していました。つい最近まで私は自分が被害者ということに気づけませんでした。姉の事があり統合失調症になったのかもしれません。
    あのんさん、今は気づかれたとのこと、安心しました。季節でいうとずっと冬の状態だったのですね。でも、必ず春は来ると信じたいです。これからはご自身のことを大切に思ってください。大切に思うと良い変化が起こると思います。私の経験上です。
    寒くなってきました。風邪など引かれませんように。。

    1. 統合失調症になる人は何かしら服従経験があるのかもしれませんね
      服従している時は自分が被害者だということに気づけませんね
      相手がわたしに無理な要求をしてきてその要求をわたしがのまないと
      わたしが悪いというふうになってしまいます
      本当は無理な要求をする方が悪いのに
      相手に責められると自分が悪いといった風に考えてしまいます
      ともよさまも自分が被害者だったことに気づけてよかったですね
      被害者だと気づかないと無駄に自分を責めたりして
      病気的にも良くないと思います
      お互い気づけたもの同士なので
      病気が良くなることを願います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。