最悪な小学校

スポンサーリンク

わたしが小学生だった頃

学校である子のものがなくなりました

鉛筆か消しゴムだったと思います

その子は最後にわたしに貸したといいました

でもわたしはその子に返しました

だからわたしは持っていないと言いました

でも学校の先生はそれを信じてくれませんでした

何度も職員室に呼び出されて

わたしが悪いと言われました

家でもう一回探すように言われました

でも、返したものを探すことはできません

そう言うともっと怒られました

今ならじゃあ探しますねと適当に言って次の日にやっぱりありませんでしたよ

ということができると思います

でも当時は小学生、そんな適当な嘘を言えるような年齢ではありませんでした

結局違う子がその子のものを持っていました

たまたま紛れ込んだだけだったようです

でも、先生はわたしに謝ってくれませんでした

散々嫌な思いをして、無実にも関わらず怒られたのにです

しかもその持っていた子はあまり怒られていませんでした

返した時にきちんとありがとうを言わないのが悪いと

わたしが悪かったことにされました

ちなみに返したときにありがとうは言いました

向こうが聞いていなかったか、聞こえなかったようです

ひどい話だと思いませんか

今大人になってから思い出しても

腹が立ち、手が震えます

本当に最悪な学校でした

いじめもありましたしね

そんなことがあったので

わたしはかなり学校が嫌いな子になりました

学校に行くのが毎日どうしようもないストレスでした

親が転勤族とかなら

学校を変わることができたので良かったかもしれませんが

あいにくうちは転勤族ではなかったので転校もできず

かなりのストレスになっていました

このストレスも統合失調症になる要因だったんではないかなと

おもいます

スポンサーリンク

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。