お金が一番大切というのは健常者ばかり

スポンサーリンク

生きるのに最も大切なものはなにか

と聞かれて

人はなんと答えるでしょうか

多くの人はお金と答えるでしょう

ロマンチストな人は愛と答えるかも知れません

確かに、お金も愛も大切だと思います

昔はわたしもお金が

1番大切かも知れないと思ってた時期はあります

でも、今は

お金も愛も

1番大切ではないと思います

なぜならお金も愛も健康でないと

意味がないものだからです

どんなにお金があっても

身体が丈夫でなければ使えません

外に行くことが出来ない

精神疾患者に

たくさんのお金があっても意味がありません

わたしは統合失調症がひどくなってから

いつもそう思います

健康であれば、

大学に通えたのに

健康であれば、

友達もいただろうに

健康であれば、

買い物もできたのに

健康であれば、、、、

そんなことをいつも考えてしまいます

統合失調症は寛解はするけど

完治はしない病気です

一生付き合っていかなければ

なりません

だからこそ病気を持っていない人を

見るとすごく羨ましくなります

逆に、病気でない人が何かを原因として

(例えば

お金がないからできないとか

頭が悪いから無理だとか)

諦めるのを見ると腹が立ちます

健康であればどんなことにも

挑戦できるし、努力することもできます

なのに言い訳を重ねて

何もしないのは見ていて腹が立ちます

生きている上で1番大切なものは

健康です

健康がなければ

何かに挑戦したり、努力したりすることも

難しくなります

今健康である人は

自分が健康であることに

感謝して生きて欲しいものです

スポンサーリンク

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。